出典:デジタル大辞泉(小学館)

電子化された文書に証明として入れる印。印影を模した画像データで、捺印 (なついん) 日時や捺印者の情報などを埋め込むこともできる。デジタル印鑑。電子印章。

[補説]平成17年(2005)施行の電子文書法により、従来は紙による保存が義務づけられていた書類や帳簿の電子化も可能となった。それにともない開発されたもの。