出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「おお(大)き」の音変化》

[形動ナリ]
  1. 大きいさま。

    1. 「―なる木どものもとに車を立てたれば」〈・一四二〉

  1. 程度のはなはだしいさま。状態が、ふつうよりもまさっているさま。→大いなる大いに

    1. 「―なるわざし給ふなるを」〈宇津保・藤原の君〉

[接頭]人物を表す名詞に付く。
  1. 同じ官職・位階のうち上位であることを表す。「大いもうちぎみ」「大い三つの位」

  1. 年長の人であることを表す。「大いとの」「大いぎみ」