出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ドイツ)Doktor Faustusトマス=マンの長編小説。副題「友人によって物語られたドイツの作曲家アードリアン=レバキューンの生涯」。1947年刊。古典語教師ツァイトブロームが、友人の作曲家の伝記を書くという体裁で、19世紀末から第二次大戦にかけてのドイツの崩壊の過程を、芸術家の破滅的な人生に重ねて描いた。