出典:デジタル大辞泉(小学館)

フィジー諸島、オバラウ島南東岸の都市。1874年から1882年まで首都が置かれ、海上交易の拠点、また捕鯨基地として栄えた。19世紀後半のセイクリッドハート教会や木造の旧庁舎、フィジー最古のホテルである木造のロイヤルホテルなど、コロニアル様式の建造物が多く残る。2013年、「レブカの歴史的港町」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。