出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. あるものが一面に広がりかぶさってその下のものを隠す。「雲が山の頂を―・う」「落ち葉に―・われた道」

  1. 表面にある物を広げて、その物を外界からさえぎられた状態にする。「ベールで顔を―・う」「目を―・うばかりの惨状」

  1. すみずみまで行き渡って、いっぱいに満たす。「あたりは闇 (やみ) に―・われた」「場内を―・う熱気」

  1. 本当のことがわからないように、つつみ隠す。

    1. 「お師匠様の名によって、おのれの非を―・おうとするのは」〈倉田出家とその弟子

  1. 全体をつつみ含む。「これを、ひと言で―・えば…」

  1. 広く行き渡らせる。

    1. 「威をあまねく海内 (かいだい) に―・ひしかども」〈太平記・一一〉

[可能]おおえる
[用法]おおう・[用法]かくす――「おおう」は、表面に何かを広げて、中の物を隠したり、保護したりする動作。「布団をシーツでおおう」◇「隠す」は他人の目に触れないようにすることに重点があり、「両手で顔を隠す」は、両手で顔をおおって顔が見えないようにすること。◇見つからないようにしまい込んだりするのも「隠す」。「おおう」という方法で「隠す」のが「おおいかくす」で、この場合「かくしおおう」とはならない。◇類似の語に「かぶせる」がある。「かぶせる」は「帽子をかぶせる」「ふとんをかぶせる」のように上に何かをのせて、下の物を見えないようにしたり、保護したりすること。

出典:青空文庫

出典:gooニュース