出典:デジタル大辞泉(小学館)

天童荒太の長編小説。児童虐待や介護問題など、現代の親子関係の闇を描いたミステリー。平成11年(1999)刊行。翌年、第53回日本推理作家協会賞受賞。