出典:デジタル大辞泉(小学館)

吸着天然ガス(ANG)を燃料とする自動車。容器内の吸着剤に天然ガスを数メガパスカル程度の圧力で吸着させて封入し、自動車に搭載する。圧縮天然ガス(CNG)に比べ、低圧力でより多くの量を充塡できるため、1回の充塡による燃料での走行距離を延ばすことができるが、実用化には至っていない。ANG自動車。吸着天然ガス自動車。