出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 紋所の名。五七 (ごしち) の桐

  1. 名物切れの一。花色繻子 (しゅす) 地に五七の桐紋を織った金襴 (きんらん) 大内義隆明 (みん) にあつらえたのでこの名がある。大内裂 (ぎれ) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉