出典:デジタル大辞泉(小学館)

山口県に産する漆器。椀 (わん) および盆が主で、ベンガラ塗りに黄緑の彩漆 (いろうるし) で秋草を描き、菱形 (ひしがた) の切り箔 (はく) をはったもの。大内義隆の奨励によって始められたといわれる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉