出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都府北西部、丹波丹後両地方の境をなす山。標高833メートル。山中に酒呑童子 (しゅてんどうじ) が住んだといわれる洞窟 (どうくつ) がある。源頼光の鬼退治の地ともされるが、それは京都市西方の老ノ坂峠付近の大枝山 (おおえやま) であるともいわれる。[歌枕]
    1. 「―いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」〈金葉・雑上〉

謡曲。五番目物。作者は世阿弥とも宮増 (みやます) ともいわれる。源頼光が大江山の酒呑童子を討つ話を脚色したもの。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉