出典:デジタル大辞泉(小学館)

微量の放射性同位元素を含む薬剤を体内に投与して、放出される放射線を画像化する検査法。体内の特定の場所に集まりやすい薬剤を用いることによって、目的の臓器や組織の機能や代謝の様子、病変の有無や状態などを調べることができる。核シンチグラフィー。シンチ。