出典:デジタル大辞泉(小学館)

social DRM違法コピーを抑止するデジタル著作権管理(DRM)の方式の一。主に電子書籍の分野で採用される。利用者が電子書籍を購入すると、電子透かしで個人情報がデータに書き込まれるもの。