出典:デジタル大辞泉(小学館)

戸板康二の短編推理小説。8代目市川団十郎の謎の自殺をモチーフとする。昭和34年(1959)に「宝石」誌に掲載され、同年、第42回直木賞を受賞。同作を表題作とする作品集は、昭和35年(1960)の刊行。名探偵、中村雅楽が活躍するシリーズ作品のひとつ。