出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安後期の歴史物語。3巻本・6巻本・8巻本がある。著者未詳。白河院院政期の前後に成立か。大宅世継 (おおやけよつぎ) ・夏山繁樹という二老人の昔語りに若侍が批判を加えるという形式で、藤原道長の栄華を中心に、文徳 (もんとく) 天皇の嘉祥3年(850)から後一条天皇の万寿2年(1025)までの歴史を紀伝体で記す。鏡物 (かがみもの) の最初で、四鏡の一。世継物語。