出典:デジタル大辞泉(小学館)

岩手県北西部、八幡平 (はちまんたい) 市にある山。標高1063メートル。山麓には牛馬の放牧地が広がる。名の由来は、一日に七度も時雨が降るほど天候が変化することからという。

[地理/日本地名/東北]カテゴリの言葉