出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。無頼者の悪太郎が伯父に酒をふるまわせ、泥酔するが、その間に伯父に頭の毛をそられ、非行を悔いて仏道に入る。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉