出典:デジタル大辞泉(小学館)

天童荒太の小説。生きづらさに悩む少年少女たちが、試行錯誤しながら心の傷と向きあう姿を描く。平成18年(2006)刊行。翌年、堤幸彦監督により映画化。