出典:デジタル大辞泉(小学館)

パラオ南部、コロール島からペリリュー島まで約30キロメートルにわたり点在する、大小200~300の島々の通称。隆起サンゴ礁が浸食されてできた島で、いずれも樹木に覆われる。美しい自然景観と固有種を含む生態系、紀元前の岩絵などの遺跡が評価され、2012年に「南ラグーンのロックアイランド群」の名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。