出典:デジタル大辞泉(小学館)

3本のポリペプチドからなる三重らせん構造をした、分子量約30万のコラーゲン。らせんの両端部のテロペプチドとよばれる部位は生体内で抗原と見なされるため、これをたんぱく質分解酵素で処理したもの。医療・化粧品用に利用される。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉