出典:デジタル大辞泉(小学館)

丹羽文雄の短編小説。理性的な判断力を喪失し、家族へのいやがらせが生きがいになってしまった老女、うめの姿を描く。昭和22年(1947)、「改造」誌に発表。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉