出典:デジタル大辞泉(小学館)

小惑星の公転周期(または軌道長半径)に対する数の分布に見られる空隙。木星の公転周期と単純な整数比となる付近では、小惑星の数が著しく少なくなる。米国の天文学者D=カークウッドが、大質量の木星との軌道共鳴によるものであること提唱した。カークウッドの間隙。カークウッドギャップ。