出典:デジタル大辞泉(小学館)

歯舞群島西端の島。満潮時には水没するので国際法上は岩礁納沙布岬から3.7キロメートルの距離にあり、第二次大戦前に日本が建てた灯台が存する。大戦後はソ連、のちにロシア連邦の統治下。

[地理/日本地名/北海道]カテゴリの言葉