出典:デジタル大辞泉(小学館)

裾の口が大きい下袴。平安時代以降、公家が束帯のとき、表袴 (うえのはかま) の下に用いた。紅または白の生絹 (すずし) 平絹 (ひらぎぬ) ・張り帛などで仕立ててある。鎌倉時代以後は、武士が直垂 (ひたたれ) 狩衣 (かりぎぬ) などの下に用いた。