出典:デジタル大辞泉(小学館)

素戔嗚尊 (すさのおのみこと) の子、または6世の孫とされ、出雲大社の祭神。少彦名神 (すくなびこなのかみ) とともに、中つ国の経営を行ったが、天照大神 (あまてらすおおみかみ) の使者が来ると国土を献上してみずからは隠退した。医療・まじないの法を定めた神とされる。因幡 (いなば) の白兎の話は有名。中世以来、大黒天と同一視されるようにもなった。別名は大己貴神 (おおなむちのかみ) ・八千矛神 (やちほこのかみ) ・葦原色許男命 (あしはらのしこおのみこと) など。古事記では大国主神。