出典:デジタル大辞泉(小学館)

多くの人が、ある対象の色の印象として記憶している色。実際の色とは異なる場合がある。印象色。

[補説]広告写真などでは、本来の色よりも記憶色に近づくように仕上げることがある。