出典:デジタル大辞泉(小学館)

clustered regularly interspaced short palindromic repeats/CRISPR associated protein 9DNAの任意の塩基配列を認識し、その部分の切断・置換・結合を行うゲノム編集の中核技術の一。標的となる塩基配列に導いて特異的に結合するRNAをもつCRISPR (クリスパー) 、および特定の塩基配列でDNAを切断する制限酵素CAS9 (キャスナイン) からなるたんぱく質複合体を用いる。もとは原核生物がもつ獲得免疫機構であり、2012年頃から、高精度かつ簡便な遺伝子改変を可能とし、広く利用されている。クリスパーキャスナインシステム。