おお‐くら〔おほ‐〕【大蔵】 の意味

  1. 大蔵省」の略。
  1. 上代の三蔵の一。雄略天皇のときの創建と伝えられ、諸国からの貢ぎ物などを納めた蔵。

おお‐くら〔おほ‐〕【大蔵】の慣用句

  1. おおくらきょう【大蔵卿】
  1. おおくらしょう【大蔵省】
    • 国家予算の編成、財務・通貨・金融・証券などに関する事務を担当した国の行政機関。明治2年(1869)設置。平成10年(1998)から12年の間に金融行政を分離した上で、同13年財務省に改組された。
  1. おおくらしょうしょうけん【大蔵省証券】
    • 政府短期証券の一。政府が一時的な資金不足を補うために発行した国債で、当該年度の歳入で償還しなければならなかった。現財務省証券
  1. おおくらだいじん【大蔵大臣】
    • (比喩的に)財政の実権を握っている人。特に主婦のこと。
  1. おおくらのかみ【大蔵卿】
  1. おおくらのつかさ【大蔵省】