こくりつ‐こうしゅうえいせいいん〔‐コウシユウヱイセイヰン〕【国立公衆衛生院】 の意味

  1. 日本の公衆衛生の改善・向上を図るために、公衆衛生技術者の養成・訓練、および公衆衛生に関する調査研究を行った機関。米国ロックフェラー財団の経済的援助により、昭和13年(1938)に設立。平成14年(2002)国立保健医療科学院に改組。
  • 名詞