出典:デジタル大辞泉(小学館)

Parque Nacional Sangay》エクアドル中央部にある国立公園。1975年制定。アンデス山脈のサンガイ山・トゥングラワ山・アルタール山など標高5000メートルを超える山々が連なる。山頂付近には氷河がみられ、山腹から山麓にかけては森林や熱帯雨林が広がる。ハチドリコンドルなどの鳥類や、ジャガー・ヤマバク・メガネグマなどの哺乳類が多数生息。1983年に約半分の地域が世界遺産自然遺産)に登録。1992年、密猟・過放牧・横断道路建設による環境悪化のため危機遺産に登録されたが、2005年に解除。