出典:デジタル大辞泉(小学館)

食物をつかさどる女神。伊弉諾尊 (いざなぎのみこと) の子。素戔嗚尊 (すさのおのみこと) が食物を求めたとき、鼻・口・尻から食物を取り出して奉ったため、怒った尊に殺されたが、その死体から蚕および五穀が生じたという。「日本書紀」では保食神 (うけもちのかみ) 。