シリコン‐たいようでんち〔‐タイヤウデンチ〕【シリコン太陽電池】 の意味

  1. シリコン(珪素 (けいそ) )の半導体を用いた太陽電池n型半導体とp型半導体の薄膜をpn接合させたもので、太陽光を照射すると光子が原子と衝突して電子と正孔の対が生成され、互いに逆方向に流れることで直流電流が発生する。従来からもっとも一般的に使用される。シリコン系太陽電池。シリコン型太陽電池。