出典:デジタル大辞泉(小学館)

近畿地方中央部の府。もとの摂津の東部と和泉 (いずみ) 河内 (かわち) の全域にあたる。京都とともに2府の一。人口886.3万(2010)。
大阪府中部の市。府庁所在地。指定都市。古代の難波 (なにわ) の地で、仁徳 (にんとく) 天皇高津宮孝徳天皇長柄豊碕宮 (ながらのとよさきのみや) が造営された地。明応5年(1496)蓮如 (れんにょ) 石山本願寺を建立したころは小坂 (おさか) と称し、その跡地に天正11年(1583)豊臣秀吉大坂城を築く。江戸時代は大坂 (おおさか・おおざか) と称し、幕府の直轄地として諸大名の蔵屋敷が集中、諸国の米や特産物の取引の中心地となり、天下の台所といわれた。明治4年(1871)大阪と表記されることになった。西日本の経済の中心地。また、阪神工業地帯の中心。人口266.6万(2010)。
古代、大和から河内へ越える坂。古代交通の要路。穴虫 (あなむし) 峠。
    1. 「御杖をもちて―の道中の大石を打ち給へば」〈・中〉