た‐ざい【多剤】 の意味

  1. 薬剤の種類が多いこと。
  • 名詞

た‐ざい【多剤】の慣用句

  1. たざいたいせい【多剤耐性】
  1. たざいたいせいアシネトバクターきん【多剤耐性アシネトバクター菌】
  1. たざいたいせいいでんし【多剤耐性遺伝子】
    • 細菌細胞に対して、複数の化学療法薬に対する耐性を与える遺伝子。薬剤を分解・不活化する酵素や、薬剤を細胞外に排出する機能を持つたんぱく質を産生する。
  1. たざいたいせいおうしょくぶどうきゅうきん【多剤耐性黄色葡萄球菌】
  1. たざいたいせいきん【多剤耐性菌】
    • 複数の薬剤に対して耐性を獲得した細菌ウイルスなどの病原微生物。突然変異や、同じ薬剤を長期間使用することによって出現し、薬剤の効果が低下したり失われたりする。
  1. たざいたいせいけっかく【多剤耐性結核】
  1. たざいたいせいはいけっかく【多剤耐性肺結核】
  1. たざいたいせいりょくのうきん【多剤耐性緑膿菌】