出典:デジタル大辞泉(小学館)

ボリビア南東部、サンタクルス県中央部の地方名。主都はサンホセ‐デ‐チキトス。先住民のチキトス族が多く居住。スペイン植民地時代にイエズス会によって建造された集落が点在し、先住民の文化の影響を受けたバロック様式の聖堂などが残る。これらの伝導施設は、1990年に「チキトスのイエズス会伝道施設群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。