出典:デジタル大辞泉(小学館)

digital light processingプロジェクターの方式の一で、MEMS (メムス) により極小の鏡を集積したマイクロチップを用いるもの。高速回転する三原色フィルターを通した光を反射させて投射する1チップDLPと、三原色に対応する三つのチップで反射させた光をプリズムで合成して投射する3チップDLPの二方式がある。高画質で経年劣化が少ないという利点があるが、他の方式に比べて高価なため、特に3チップDLPは映画館向けの大型プロジェクターなどに用いられる。