出典:デジタル大辞泉(小学館)

2015年12月に気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で採択され、2016年11月に発効した、地球温暖化防止に関する国際条約。長期目標として、「世界的な平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度より十分低く保つとともに、1.5度以内に抑える努力すること」を掲げ、すべての国が5年ごとに削減目標を提出・更新する仕組みなどを規定。1997年に採択された京都議定書と同様に法的拘束力を有する。→気候変動枠組条約締約国会議

出典:gooニュース