出典:デジタル大辞泉

インターネットなどを通じて誰でも共有・利用できるよう、各種研究データを一般に公開し、科学研究の効率化を図るという動き。市民が科学者と共にデータを収集・解析するほか、市民による研究費の提供などを指す。2011年に理論物理学者マイケル=ニールセンが提唱。