出典:デジタル大辞泉(小学館)

平岩弓枝による時代小説のシリーズ。江戸大川端にある旅籠「かわせみ」を舞台とする連作短編小説。第1作は、昭和48年(1973)に雑誌「小説サンデー毎日」に掲載された「初春 (はる) の客」。途中掲載誌を「オール読物」に変更しながら30年以上にわたり連載が続き、平成17年(2005)の「公孫樹の黄ばむ頃」(のち「公孫樹の葉の黄ばむ頃」に改題)をもってシリーズ完結。作品数は250を超える。平成19年(2007)からは、明治維新以降に時代を移した続編「新・御宿かわせみ」シリーズの連載を開始。