出典:デジタル大辞泉(小学館)

火山が噴火した場合に、住民や登山者の生命または身体に被害が生じるおそれがあり、警戒避難体制を特に整備すべき地域。活動火山対策特別措置法に基づいて国が指定する。平成29年(2017)7月現在、23都道県の140市町村が指定されている。