きおん‐ぎゃくてん〔キヲン‐〕【気温逆転】 の意味

  1. 対流圏内で通常とは逆に、上空にいくほど気温が高くなる現象。これが生じている層は逆転層とよばれる。