出典:デジタル大辞泉(小学館)

血液標本の顕微鏡検査で用いられる染色法。エオシンメチレンブルー、アズール色素を混合したギムザ液で染色する。ドイツのG=ギムザがマラリア病原虫の染色法として考案し、現在も用いられる。