出典:デジタル大辞泉(小学館)

反射率の高い二鏡面間で繰り返し光を反射させ、鮮鋭な干渉縞を得る手法。明暗差を強調することができ、精密な測距や膜厚計測などに利用される。多重反射干渉。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉