げいじゅつかのせいかつ〔ゲイジユツカのセイクワツ〕【芸術家の生活】 の意味

  1. 《原題、(ドイツ)Künstlerlebenヨハン=シュトラウス2世の管弦楽によるワルツ。1867年作曲。舞踏会用のウィンナワルツの代表作として知られる。別邦題「芸術家の生涯」。