出典:デジタル大辞泉(小学館)

民謡の一。明治初期、伊豆大島野増 (のまし) 村の茶もみの作業歌だったという。のち、各地の花柳界に紹介され、座敷歌となった。野増節。