出典:デジタル大辞泉(小学館)

保健・医療・福祉・年金・所得など国民生活の基礎的事項の把握を目的とする、国の基幹統計厚生労働省国民生活基礎調査を行って作成する。

[補説]低所得者・健康増進・疾病・少子高齢化への対策や年金・介護保険制度等に関する施策の基礎資料として利用される。