出典:デジタル大辞泉(小学館)

「賢愚経」の写経の断簡。奈良時代の書写で、字が大きくて聖武天皇宸筆 (しんぴつ) と伝えられるところから、この名でよばれる。古筆手鑑 (てかがみ) に尊重された。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉