出典:デジタル大辞泉(小学館)

コンピューターの計算理論において、問題を解く上で必要な計算時間が、問題の規模をn、定数をkとしたとき、nの指数関数すなわちknで表されるもの。問題の規模とは組み合わせの要素や繰り返しの数を指し、nが大きくなるに従い、計算時間が爆発的に増える。指数時間。→多項式時間計算量の爆発