しょうり‐しじょうしゅぎ〔シヨウリシジヤウシユギ〕【勝利至上主義】 の意味

  1. スポーツ競技などで、相手に勝つことを絶対的な目標とする考え方。中学や高校の部活動においては、行き過ぎた指導や長時間の練習による生徒への影響、暴力・体罰の発生による弊害などが問題視されている。
  • 名詞