出典:デジタル大辞泉(小学館)

所得税課税標準となる金額(税額計算の基礎となる金額)の一つ。利子所得配当所得不動産所得事業所得給与所得雑所得短期譲渡所得の金額の損益通算後の合計額と、長期譲渡所得一時所得の金額の損益通算後の合計額の二分の一を合計した金額。