たつのこたろう〔たつのこタラウ〕【龍の子太郎】 の意味

  1. 松谷みよ子による長編の児童文学作品。日本各地の民話を下敷きに、龍になった母親を訪ねて旅をする少年、太郎の成長を描く。昭和35年(1960)、第1回講談社児童文学新人賞を受賞して刊行された。第8回産経児童出版文化賞および1962年の国際アンデルセン賞優良賞を受賞。